脱毛サロンのIライン脱毛 痛みの強さは?

脱毛サロンでは頭髪や目の周辺以外であれば全身ほぼすべての箇所を脱毛することができ、中にはIラインと呼ばれる性器周辺の部位も含まれます。
Iライン脱毛は自分では目視しにくく、また肌もデリケートであるため自分でムダ毛処理するのが大変難しい部位です。
そのため脱毛サロンではIラインは人気の高い脱毛部位となっており、ビキニラインと肛門周辺も含めてセットで脱毛する人が多いです。
Iライン脱毛をするに当たって一つ知っておくべき点が、他の部位を脱毛する際と比べて痛みが出やすいということです。
脱毛サロンではフラッシュ脱毛という、光の光線の力を利用した脱毛方法が行われていることが一般的です。
フラッシュ脱毛はムダ毛の持つ黒色の色素に反応する光線を照射する機器を使用し、毛根に照射して熱のダメージを発生させ、毛母細胞と呼ばれる発毛の原因になる細胞を破壊することによってムダ毛を除去します。
一度光線で破壊された毛母細胞はその後基本的には二度と発毛機能が回復することはありませんので、半永久的とも言える非常に長い期間の脱毛効果が約束されます。
フラッシュ脱毛の光線はメラニンという黒い色素の量に応じて作用の強さを変化させ、メラニンの量が多ければ多いほど作用は強まります。
つまり太くてしっかりとしたムダ毛が生えている部位や毛量が多い部位には強い脱毛効果を発揮するのですが、その分毛根に発生する熱のダメージが大きくなるため、痛みも強くなります。
個人差はありますが、Iラインに生えるムダ毛は比較的太くしっかりとしていることが多いため光線による熱ダメージが発生しやすく、痛みが強くなりやすいというわけです。
更に性器周辺は皮膚の色も濃く、皮膚そのものに存在するメラニンの量も多いため、光線を照射すると毛根のみではなく皮膚にも熱ダメージが発生し、広範囲に痛みを感じることになります。
腕や足などの脱毛と比べると痛みの強さは倍以上になることもありますので、予め心の準備をして施術にのぞむようにしましょう。