脱毛サロンの脱毛は全て永久脱毛だと思ったらちょっと違うので注意

脱毛サロンで脱毛の施術を受けると、確実に永久脱毛の効果が得られると思われがちですが、実は確実ではない場合もあります。
脱毛サロンの中で、施術時間をあまりとられず広範囲に対して施術を行うことができ、痛みも少ないこと、料金がリーズナブルなことで人気が高いのが光脱毛です。
光を皮膚に照射することで毛乳頭や毛母細胞にダメージを与えて、ムダ毛が生えてこないようにするものですが、毛根組織を傷つけるわけではないので肌に優しい反面、また生えてきたりしますが、自己処理の必要がないくらい薄くなります。黒くて太い毛に反応して脱毛をするので、産毛などの薄い毛に対して反応しなかったりします。なので全くのムダ毛が生えていないツルツルの肌を目指すというよりは、肌の綺麗さを保ちながらムダ毛がほとんど目立たない状態になります。
そしてニードル脱毛は、一つ一つの毛穴に美容針をさして弱電流を流すことで毛乳頭を破壊して、ムダ毛が生えてこないようにします。一つ一つの毛穴に対して施術を行うため、かなり永久脱毛にちかい効果が得られると言えますが、時間がすごくかかりますし、それに伴って料金もかなり高額になってしまうので、手軽にできる脱毛とは言えません。何より痛みが強く施術後は肌が腫れたりしてしまうため、アフターケアのクーリングなどがとても重要になりホームケアも必要で手間がかかります。
一昔前までは、脱毛サロンで脱毛と言えばニードル脱毛という形でしたが、こうした手軽さが欠けているため、安くて痛みがなくてスピーディーにできる光脱毛が今では人気を集めています。
広範囲に対してニードル脱毛をしようと思うと、痛みも時間もお金もたくさんかかってしまいますが、部分的に利用するならばここだけはどうしても永久脱毛をしたいと思える個所に利用すると、無理なく施術を受けることができます。
脱毛サロンではなく、医療機関で受けられる施術としてレーザー脱毛がありますが、これは光脱毛と同じ原理ですが、光の出力が強いため永久脱毛の効果が高いといえます。ただ、痛みが伴いますし、光脱毛と同様に産毛などには効果が薄いので注意が必要です。