脱毛サロンは複数のお店を掛け持ちしてよいのか

ムダ毛を自家処理するよりも、脱毛サロンの技術で処理して欲しいと考える時、一つのお店だけでなく複数のお店を掛け持ちすることもやろうと思えば出来ます。
とはいえ、そのことにどのようなメリットとデメリットがあるのかということをよく考えてから行動したほうが良いでしょう。
まず掛け持ちをすると、どのようなメリットがあるのかというと、費用を抑えられるということが第一にあります。脱毛サロンでは新規の顧客獲得のために、初回は通常の料金よりもはるかに安く施術できるキャンペーンを実施している店が多くあります。しかし、脱毛をするとなれば、一回ですべて終わるわけではなく、複数回に分けて施術をしていくのが一般的です。それでは最終的にかなりの出費となります。そこであの店で一回目をやって、二回目は別の店、というように店を変えていくことで、初回キャンペーンの料金だけで、脱毛する事ができるのです。
ただし、この方法は同じチェーンの別支店ということは出来ません。顧客のデータベースに登録されてしまうと、チェーン店で情報が共有されてしまうからです。

また、脱毛を早く行うことが出来るという点もあります。脱毛は効果的に施術をするため、毛の生え変わるサイクル(毛周期)に合わせて行われるので、一回施術をしたら次回までに日にちをおかなければいけません。例えば夏までに脱毛をしたいというときに、あまり期間がないというのであれば、サイクルを無視して連続で脱毛をするという方法もあります。

ではデメリットはないかというと、脱毛サロンで行われる光脱毛は、毛のメラニン色素に反応する光を照射するものですが、メラニン色素は肌にもあるので少なからず肌にもダメージが及びます。つまり本来ならば十分に肌を休ませて施術しなければいけないところを、掛け持ちで施術していくと、ダメージが蓄積されてしまいます。そうなれば、シミやシワなど肌老化を促進させてしまうので、美容には良くないのです。